FC2ブログ

読売新聞様の取材記事

2019/06/28 [19:15]

こんにちは、
こども二輪塾公式サイト管理人の佐藤です。
本格的な梅雨に入りましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
街角でふと目に映る紫陽花に心が癒されます。
.
6月16日の定期講習で、読売新聞様の取材がありました。
その取材記事が、6月27日の読売新聞埼玉県版に掲載されています。
読売新聞埼玉県版2019年6月27日掲載記事
掲載記事の全文は 公式サイト にPDFファイルでアップしてあります。
※読売新聞様より掲載許可済み
.
読売新聞埼玉県版 「ただいま活動中」 コーナー
原文:読売新聞社 田野口 遼 様

【原文の要約】
川越市増形の入間川河川敷。
ライダースーツ姿の子どもたちが一列に並んで、
小型のモトクロスバイクにまたがってエンジン音を響かせている。
 「膝でしっかりバイクを挟んで」
インストラクターの指導の下(もと)、子どもたちはバイクの乗り方を教わる。
NPO法人「こども二輪塾」では月1回、
初心者用モトクロスコース「ナショナルパーク川越」で講習を開いている。

こども二輪塾は、
「モーターサイクルスポーツの魅力をより多くの方に体験してもらおう」
と2004年に設立したNPO法人である。
「青少年の心身の健全育成に寄与する」ことが目的だ。
バイクの乗り方だけでなく、
安全確認やあいさつといった基本的なマナーも重点的に指導している。
マネージャーの矢島文夫さんは、
「バイク以外でも様々な体験学習ができる場所に発展させたい」
と話している。

笑顔を絶やさず、和やかな雰囲気を作って
子どもたちと向き合っている場所が 「こども二輪塾」 だ。
二輪塾の活動を支えるのは、男女約20人のインストラクターである。
年齢は18歳から50歳代で、平日は大半が会社勤めだ。
講習当日は、朝早くから準備を行い、夕方までバイクの乗り方を教える。
手当はほとんどない事実上のボランティアである。
設立当初からのインストラクターである太田真俊さんは、
「皆バイクと子どもが好きで活動しており、
 子どもたちにもバイクを好きになってもらいたい」
とやりがいを語ってくれた。

(要約文の文責:NPO法人こども二輪塾)
.
公式サイト
※新しい内容が見当たらない場合は、ブラウザの更新(再読込み)ボタンをクリックして再表示してみてください。
※ページごとに更新してください。
.

コメント

Secret

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

二輪塾スタッフ

Author:二輪塾スタッフ
モーターサイクルスポーツを通じて、子どもの居場所づくり・心身の成長をお手伝いするNPO法人です。
埼玉県川越市に、
専用コースを用意しているので、ぜひ遊びにきてくださいね!!
これから「八瀬大橋通信」をよろしくお願いします。
こども二輪塾サイト

お友だち人数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる